企業情報

資源リサイクル事業

資源リサイクル事業イメージ

法律・規則を遵守し、人の手で解体・分類。

技術の発展に伴い、新しい機能や性能を持った製品が次々と世の中に送り出される一方、今まで使われていた製品はその役割を終え、廃棄される運命にあります。このように使用されなくなった自動販売機や厨房機器、メーター類などの計測機器、パソコンをはじめとする情報機器等には、さまざまな金属や樹脂が用いられています。これらを解体して、資源としてリサイクルするには、人の手による精緻な作業が求められます。
 アルメックでは経験豊富な従業員が、これらの解体・分類を行っています。処理を行う際には、廃掃法、各種リサイクル法等、資源循環に関わる法律・規則を遵守しています。たとえば個人情報・機密情報が含まれるハードディスクなどの記憶媒体。これらは機能を破壊した上でリサイクルするなど、万全な情報漏えい対策を取っています。また、フロン等もフロン回収破壊法に沿って適切に処理。こうした工程を経て、圧縮、切断、破砕などの機械的処理を行い、金属原料、プラスチックなどのように各素材別に資源として再生しています。

  • 資源リサイクル事業01
  • 資源リサイクル事業02
  • 資源リサイクル事業03